連載終了から25年『スラムダンク』ベストバトルランキング、1位・山王工業戦に続く涙の名シーンは…!?の画像
画像はジャンプコミックス『スラムダンク』第31巻(集英社)
『スラムダンク』ベストバトルランキング1位から10位

 今から25年前となる1996年の6月17日、同日発売の『週刊少年ジャンプ』(集英社)27号で、井上雄彦氏のバスケットボール漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』が最終回を迎えた。

『スラムダンク』のあらすじとしてはご存知の通り、高校バスケ部にズブの素人として入部した主人公・桜木花道が仲間たちとともにインターハイ優勝を目指す物語。桜木の成長とともに駆け抜けた密な6年間の連載が、多くの読者の心をつかんだが、連載終了から25年がたった現在も、試合の展開やセリフなどをありありと思い出せるという人も少なくないのではないだろうか。

 そこで今回は今なお人気の高い『スラムダンク』について、30代~40代の男性読者300名を対象に「あなたが思うベストバトルは?」というアンケートを実施。試合はもちろん、場外でのできごとなどへの票も集まった読者の意見をもとにランキング形式で結果を紹介したい。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

■桜木が覚醒するきっかけとなった「湘北高校VS海南大付属」!

 まず全体の11.7%の人からの票を集めて第3位にランクインしたのは、インターハイ神奈川県予選の決勝「湘北高校VS海南大付属」。桜木たち湘北高校の相手として立ちはだかったのは、過去16年連続でインターハイ出場を果たしている“神奈川の王者”海南大付属。キャプテンの牧紳一をはじめ、清田信長、神宗一郎、高砂一馬といった一流プライヤーが湘北を苦しめた。

 この試合では、それまでは初心者ながら驚くべき活躍を見せてきた桜木が、初めて徹底マークされることに。ペースを崩された桜木は、ベンチ入りという屈辱を味わう。後半戦では僅差まで迫るも、ラストに桜木が痛恨のパスミスを犯したことで敗北してしまうという結末となった。

 苦い敗北を喫したことで、桜木は試合終了直後に男泣き。しかしそれでもキャプテンの赤木剛憲は責めることなく、桜木の頭をつかんで「泣くな」と声をかけ、次の試合への決意を見せた。名勝負の結末に、アンケートでは「ぶちかませ!」(37歳・男性)、「湘北対海南大のクライマックスは、何度見返しても泣ける……」(42歳・男性)、「まさに苦い敗北。桜木の涙にもらい泣きしてしまう」(40歳・男性)、「桜木の“どけえーー!”が泣ける」(38歳・男性)などのコメントが寄せられていた。

 なお湘北VS海南大は、赤木が足をくじいてしまうハプニングが起こった試合でもある。「いいからテーピングだ!」と言い、ド根性によって無理やり復活する姿は多くの読者の思い出に残っているだろう。またこの試合でのパスミスを反省し、桜木は丸坊主に。桜木の成長が描かれた名勝負といって間違いはないだろう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3