アニメ『鬼滅の刃』ufotableの映像美に見とれた「珠玉の剣技シーン」ランキングの画像
DVD版『鬼滅の刃』8巻パッケージより

 12月20日に放送されたテレビアニメ『「鬼滅の刃」柱合会議・蝶屋敷編』(フジテレビ系)は平均14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という高視聴率を記録。劇場版『無限列車編』の興行収入も、日本の映画興行収入歴代1位の記録(316億8000万円)をまもなく更新しようという勢いだ。この大成功には吾峠呼世晴氏の生み出した秀逸な物語をハイクオリティな映像でアニメ化させたufotable(ユーフォーテーブル)の功績が大きいのは、ファンの間では周知の事実だろう。そこで今回は美しい映像がとくに話題になった「アニメ『鬼滅の刃』の剣技シーン」にスポットを当てて、アンケート調査を実施。20代から40代の男女200名のファンに「最も映像が美しいと思った剣技シーン」を挙げてもらった。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

※以下、テレビアニメ版『鬼滅の刃』の一部ネタバレが含まれているので、気になる方はご注意ください。

■兄弟子たちのカタキを討った剣技

 第3位(13.5%)にランクインしたのは「水の呼吸 壱ノ型 水面斬り」。この剣技シーンはアニメの第4話「最終選別」に登場し、主人公の竈門炭治郎が使用した技だ。

 元・水柱、鱗滝左近次の元で修行を積んだ炭治郎は、藤襲山で行われた鬼殺隊の「最終選別」に参加。鱗滝に強い恨みを抱く巨大な鬼(手鬼)と遭遇し、その戦いで炭治郎が見事鬼の首を斬った技こそが「水面斬り」だった。

 炭治郎の刀から“浮世絵の水しぶき”をほうふつさせる水のエフェクトが立ち上がり、横ナギに手鬼の首を一刀両断。本来は凄惨な場面のはずだが、凛とした美しさすら感じられる剣技描写に驚いた視聴者も多いことだろう。

 そんな「水面斬り」のシーンを選んだ人からは、「初めて見たときに衝撃を受けた」(41歳・男性)、「子どもにせがまれて何度も見た壱ノ型のシーンが一番印象深い」(37歳・男性)、「浮世絵のような水の描かれ方がとてもきれいで好きです」(45歳・女性)といったコメントが寄せられている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4