劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』“予備知識ゼロ”の人と観て分かった「大ヒットの本当のすごさ」の画像
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 10月16日の公開以来、わずか3日間で興行収入46億円を突破し、動員数は342万人を記録した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」。歴代の日本映画の興行収入でも上位に入ることは確実視されており、もはや「社会現象」と言っても過言ではない快進撃を見せている。芸能人や著名人の間でも『鬼滅の刃』はしきりに話題になっており、キャラクターのコスプレなどを披露するタレントも少なくない。

 私も遅ればせながら劇場に足を運ぶことにしたが、テレビやSNSで人気ぶりを知ったのか、ふだんはアニメや漫画にほとんど興味がない知人まで観たいと言い出した。正直なところ『鬼滅の刃』の原作漫画・アニメともに見ていない知人に今回の「無限列車編」の映画が理解できるのか疑問だったが、本人が「どうしても」というので一緒に行くことに。

 映画の内容についてはあえて説明するまでもなく「最高」のひと言に尽きる。テレビアニメ版と同様、制作会社「Ufotable」が完璧な映像に仕上げ、声優陣の魂のこもった演技に劇場内のアチコチからすすり泣く声が聞こえてきたほどだ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3