冨樫義博の恋愛描写の妙 『幽遊白書』の「その後が気になったカップル」4選 アニメオリジナル“左京と静流”の関係性にも注目の画像
『幽☆遊☆白書 完全版』(集英社)11巻・書影より引用

 1990年から94年にかけて『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載された冨樫義博氏の人気漫画『幽遊白書』。約30年前の作品ながらいまだに人気は高く、2023年12月からNetflixで実写ドラマ化されることも発表されている。

 主人公の浦飯幽助を中心に、魅力あふれるキャラクターたちが多数登場する同作。その中には幽助と幼なじみの雪村螢子のように、相思相愛の関係に発展した男女も。そこで今回は、明確な描写こそなかったものの何となく恋愛関係を感じさせるカップルについて紹介したい。

■桑原と雪菜

 “氷女”という妖怪である雪菜は、飛影の双子の妹。垂金権造に監禁されていた彼女の映像を見た桑原が一方的に一目惚れしたところから二人の関係が始まる。

 桑原は幽助とともに垂金邸を襲撃し、見事雪菜を救出。このとき桑原は、垂金のようなゲスな人間にひどい目に合わされた彼女に謝罪。「人間全部を嫌いにならないでくれ」という桑原の悲痛な言葉に、雪菜は「大丈夫…! 私…人間(あなた)のこと好きです」と返答していた。

 恋愛というものがよく分からない雪菜なので、この時点では言葉以上の深い意味はなかったはずだが、その後、雪菜と桑原の距離感は確実に近づいていく。

 暗黒武術会の会場を訪れた雪菜は「私を助けてくださった和真さん達」と発言しており、一緒に救出した幽助ではなく桑原を中心に語っていることが分かる。また肉親以外で桑原を下の名前で呼ぶ人物も珍しい。

 暗黒武術会の「魔性使いチーム」との戦いでは、雪菜が会場に来ていることに気づいて圧勝した桑原。試合後、雪菜は桑原の傷口がどんどんふさがっていくことに驚く。さらに「なんか体温もグングン上がっているみたい……」と心配すると、桑原は「それは愛の力ですよ」と返答。ストレートな愛の告白にも思える言葉だが、これに雪菜は「そうですね(よくわからないけど)」と笑顔で答える、ほほ笑ましいやりとりもあった。

 そんな恋愛オンチな雪菜なので、恋に発展したような具体的な描写はなかったが、最終的に桑原の自宅に雪菜がホームステイ。家族ぐるみの和気あいあいとした雰囲気で描かれ、桑原と雪菜が二人きりで幽助のラーメン屋を訪れる描写などもあって、二人の関係自体はそれなりに深まっているようにも感じられた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3