『ジョジョの奇妙な冒険』背筋も凍る“ホラーすぎるスタンド”3選!エボニーデビル、ハイウェイ・スターなど不気味さが特徴の最恐スタンドは?の画像
画像は「エボニーデビル」が登場する『ジョジョの奇妙な冒険』第15巻(集英社)

 荒木飛呂彦氏による大人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)。1986年より『週刊少年ジャンプ』で連載が開始され、昨年9月でついに「第8部 ジョジョリオン」が完結を迎えた。シリーズ発行部数は1億部を突破し、アニメやゲームといった幅広いメディアに展開され、世界中から愛され続けている。

 同作を原作としたテレビアニメは第5部まで制作されており、昨年12月よりNetflixで配信が始まったアニメ第6部「ストーンオーシャン」のテレビ放送がTOKYO MX、MBS、BS11ほかにて1月7日よりスタート。主人公・空条徐倫たちの物語がさらなる注目を集めそうだ。

『ジョジョ』といえば、独特な絵柄や構図、芸術的ともいえる繊細なデザインが人気のひとつ。熱い感動的な物語の一方で、背筋が寒くなるような恐ろしい展開が描かれるのも特徴で、作者・荒木氏のホラー映画愛が色濃く反映された「怖い」「気持ち悪い」描写もジョジョの魅力となっている。

 そこで本記事では、ジョジョの”ホラーなスタンド3選”として、「怖い」「気持ち悪い」といったキーワードにピッタリのスタンドを選んだ。

  ※  ※  ※

 記事ではアニメ化されている5部までの中から選んでいます。原作未読・アニメ未視聴の方はご注意ください。

  ※  ※  ※

■恨みが強さに!悪魔を暗示するスタンド

 最初に紹介するのは、第3部に登場したスタンド「エボニーデビル」。本体は政財界御用達の殺し屋「呪いのデーボ」で、空条承太郎たちを殺害すべくエンヤ婆から送り込まれた刺客の1人だ。

 エボニーデビルは人形に憑依する、いわゆる“人形が勝手に動く”ホラー映画『チャイルド・プレイ』をほうふつとさせるスタンド。遠隔操作型のスタンドで、そのうえ本体の恨みがエネルギー源となり、「この恨み晴らさでおくべきか」とばかりに相手への恨みが強ければ強いほどパワーを増す。

 エボニーデビルの特性上、まずは本体である呪いのデーボが相手に恨みを抱かなくてはならない。作中ではポルナレフと戦ったが、顔面を串刺しにされてもなお血まみれで喜んでいるデーボの姿は狂気的で恐ろしいものだった。先に攻撃を受けなければいけないので、リスキーなスタンドではあるが、下劣な言葉を吐きながら人形が襲ってくる姿は王道のホラー展開ではないだろうか。またこの戦いでは一般人も犠牲者に。ポルナレフの宿泊先のホテルマンがエボニーデビルの餌食となり、顔面をカミソリでスライスされるというシリーズでも屈指のグロい死に方をしてしまった。

 その他、『エルム街の悪夢』のように夢の中で死神に襲われる「デス13」や、『トレマーズ』のように音で相手の位置を感知するスタンド「ゲブ神」などホラー映画的展開が楽しめる第3部。今回はエボニーデビルをチョイスしたが、好きな敵スタンドが分かれる章ではないだろうか。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4