『鬼滅の刃』蝶屋敷の運営、食費にオシャレ費に治療費も!? 私生活にもっとも「お金がかかっていそうな柱」ランキングBEST3の画像
画像はジャンプコミックス『鬼滅の刃』第6巻(集英社)
全ての写真を見る

 吾峠呼世晴氏による大人気漫画『鬼滅の刃』。現在放送中のアニメ「遊郭編」では、音柱の宇髄天元がド派手な活躍を見せている。

 同作では圧倒的な強さを誇る9人の「柱」と呼ばれる実力者たちが登場し、ときに炭治郎らをサポートしてくれる心強い存在として鬼たちを相手に最前線で奮闘する。ところで鬼殺隊の給料は、公式ファンブックによると、階級がもっとも下である「癸(みずのと)」のときは現在の価値に置き換えると20万円程度だが、柱にもなると「無限に欲しいだけもらえる」のだという。鬼と生死ギリギリの戦いを続ける厳しい立場ではあるが、夢のある話でもある。

 そこで今回は、お金持ちの柱たちの中でも、「私生活にもっともお金がかかっていそうなのは誰か」について読者を対象にアンケート調査を実施。10代から40代の男女200人に9人の柱の中から1名を選んでもらった。さっそくその結果を回答とともにランキング形式で紹介したい。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

■柱イチの大食い・甘露寺蜜璃が3位

 まず、15.5%の得票率で第3位になったのは、恋柱の甘露寺蜜璃。

 甘露寺といえば、好物の桜餅の食べ過ぎで髪色と瞳の色が変わってしまったという変わった逸話を持つ人物。また作中ではかなり大食いである描写が数度にわたって描かれ、うずたかく積まれた食器の量には炭治郎が感嘆する場面もあった。

 やはりそのイメージが強いためか、甘露寺を選んだ人からは「食費がすごそうだから」(44歳・男性)、「食べる量だけでなく、食べ物も高級なものが好きそう」(38歳・女性)という「食」関係のコメントが多く集まった。

 また19歳という年頃の女の子でもあるため、「おしゃれで、持ち物すべてにお金をかけていそう」(34歳・女性)、「髪の毛も長いしケアが大変そう」(34歳・女性)、「女子力が高そうだから」(40歳・女性)というコメントもあった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3