『鬼滅の刃』年齢・来歴もバラバラな9人の“柱”たち、その複雑な人間関係とは?の画像
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 吾峠呼世晴氏による漫画『鬼滅の刃』に登場する、炭治郎たちが所属する巨大な鬼狩りの組織「鬼殺隊」。その剣士たちの中でも特に高い実力を持つ幹部的な存在が「柱」と呼ばれる精鋭たちだ。彼らは見た目も性格もバラバラで、年齢も下は14歳、上は27歳とかなり幅広い。

 いったいどういう人物でどういう経歴で柱になったのかなど謎が多い柱たち。ふだんは鬼の討伐任務などで多忙のためか、本編で彼らが集合しているシーンはあまりないものの、鬼滅の刃公式ファンブック『鬼殺隊見聞録』などでは、実は設定されている柱同士の意外な交友関係が明かされている。今回はそんな彼らの人間関係について、細かく取り上げていきたい。

※本稿では、テレビアニメ第1期の放送内容以降のネタバレも含んでおります。

■9人の柱がそろうことが鬼殺隊にとってもまれ

 まず、本編に登場する現柱は「水柱・冨岡義勇」「蟲柱・胡蝶しのぶ」「炎柱・煉󠄁獄杏寿郎」「音柱・宇髄天元」「霞柱・時透無一郎」「恋柱・甘露寺蜜璃」「蛇柱・伊黒小芭内」「風柱・不死川実弥」「岩柱・悲鳴嶼行冥」の9名。年齢は時透が14歳で一番若く、悲鳴嶼が27歳で最年長。残りは宇髄が23歳、煉󠄁獄が20歳、甘露寺が19歳、しのぶが18歳、そして冨岡、伊黒、不死川の3人が21歳で同い年となっている。

 柱の選定基準については、作中で階級が甲(柱の一つ下)で、「十二鬼月を倒す」もしくは「鬼を五十体倒す」のいずれかを達成することが必要だと明記されており、通常では入隊から柱になるまでに5年程度、早い人でも2年ほどかかるという。

 このことから柱たちが数百名を超える構成人員がいる鬼殺隊の中でも相当の実力者であることがうかがえる。だがそれでも、そもそも殉職してしまうために後進となる人材が育たず、スピンオフ作品『煉獄杏寿郎外伝』では半年の間に複数人の柱が殉職していることが明かされており、鬼殺隊は常に圧倒的不利な状況にあるようだ。現在のように9つの席が埋まることはまれであるという。

  1. 1
  2. 2