1位『北斗の拳』ケンシロウに続くのは!? 読者が選ぶ「ジャンプ漫画の最強“拳”キャラ」ランキングの画像
画像は2017年発売の創刊50周年記念復刻版『週刊少年ジャンプ』1986年26号より
全ての写真を見る

 スポーツやバトルを描き、子どもたちを夢中にさせてきた少年漫画。特に『週刊少年ジャンプ』にはバトルをメインにした作品が多く、魅力的なキャラたちが手に汗握る戦いを繰り広げてきた。90年代後半からは複雑な特殊能力を扱うバトル展開も人気となっているが、やはり自身の拳で敵に立ち向かうオーソドックスな戦闘スタイルは熱い。

 そこで今回は10代から40代のジャンプ読者の男性300人に『週刊少年ジャンプ』に登場した、歴代の「拳」で戦うキャラの中から「一番強いと思うキャラ」を1名ずつ挙げてもらった。主人公から敵キャラまで、さまざまなキャラの名前が挙がる中、特に意見が多かった上位3人を紹介したい。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

■現役で拳で戦い続けるルフィ

 まず10.7%の人から名前が挙がり、第3位に選ばれたのは尾田栄一郎氏の漫画『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィ。

 ルフィは悪魔の実「ゴムゴムの実」の能力者で、自身の体を伸ばすことでより威力の高いパンチを繰り出すことが可能。ギアセカンドやギアサード、ギアフォースなど、血の流れを加速させて身体能力を極限以上にはね上げたり、体に空気を送り込み体を巨大化させたりと特殊な戦い方をするが、拳で戦うのが基本のスタイル。「ゴムゴムの銃(ピストル)」「ゴムゴムの銃乱打(ガトリング)」「ゴムゴムの銃弾(ブレット)」などパンチ技のバリエーションもかなり多くなっている。

 選んだ人からは「武器を使わないキャラの代名詞!」(23歳・男性)、「逃げたりせず堂々と戦うから」(29歳・男性)、「拳だけならゴムは最強だと思う」(36歳・男性)、「ゴムの反発を利用した技が強いから」(39歳・男性)と、異能な力をうまく使いこなしている点が評価された。

  1. 1
  2. 2
  3. 3