鬼舞辻無惨が堂々1位! 『鬼滅の刃』見た目で選ぶ「ビジュアル面が最高の鬼」ランキングの画像
画像は『鬼滅の刃』(集英社)第22巻・書影より
全ての写真を見る

 2021年の節分は124年ぶりに2月2日(例年は2月3日)となり、昨日は鬼を払う恒例行事「豆まき」を楽しんだご家庭も多いことだろう。そんな中“鬼”と聞くと昨年一大ブームとなった『鬼滅の刃』を連想した方は多いはず。そこで今回は節分にちなみ、吾峠呼世晴氏の大ヒット漫画『鬼滅の刃』(集英社)に登場する“鬼”に関するアンケート調査を実施した。

『鬼滅の刃』を知っている人、未読の人を問わず、10代から40代までの男女300名に作中に登場した鬼の姿を見てもらい、「もっともビジュアルが素晴らしい」と思う鬼を選択。(なお、主人公サイドに与する鬼である竈門禰豆子、珠世、愈史郎は除外している)鬼としての設定は気にせず、純粋に見た目だけで選ばれた「一番ビジュアルが良いと思う鬼」をランキング形式で紹介していこう。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

■圧倒的な力を持つ異形の鬼

 第3位(5.7%)に支持されたのは、十二鬼月の頂点に立つ“上弦の壱”「黒死牟(こくしぼう)。いかにも侍といった風貌をしている“6つの目”を持つ鬼だ。

 黒死牟は十二鬼月の最強の鬼であり、常に冷静沈着。部下に厳しい鬼舞辻無惨からの信頼も厚く、鬼とは思えない理知的な言動を見せる。そのビジュアルは長髪をうしろで結び、武士のような着物に身を包んでいる。

 なんと言っても黒死牟の最大の特徴である奇怪な6つの赤い目は読者に強烈なインパクトを与え、武人としての底しれぬ実力を感じさせる。また、額や首のあたりには炭治郎と同様のアザのようなものが存在していた。

 そんな黒死牟こそが一番と思う人たちからは「武士をイメージさせる鬼というところがいい」(25歳・男性)、「見るからに強そう」(44歳・男性)、「鬼なのに刀を持っているところ」(34歳・男性)、「人間のとき美形だったのが分かる」(34歳・女性)、「見事なキャラクターデザイン」(40歳・男性)といったコメントが寄せられていた。

  1. 1
  2. 2
  3. 3