ついに完結間近『進撃の巨人』や6部放送開始の『ジョジョの奇妙な冒険』も上位に!正月休みに「一気見する予定のアニメ」ランキングBEST3の画像
画像は『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』blu-ray vol.10
全ての写真を見る

 2021年のテレビアニメは豊作で、ヤンキー要素にSF的展開を掛け合わせた『東京リベンジャーズ』、朝の子ども向け番組からSNSを中心に人気を呼んだ『PUIPUIモルカー』、12月24日には劇場版が好調スタートをきった『呪術廻戦』など、多くのアニメが話題を集めた。2022年には『チェンソーマン』『SPY×FAMILY』などの注目作が初アニメ化、『進撃の巨人』や『TIGER&BUNNY』の続編がアニメ放送予定、さらに『SLAM DUNK』のアニメ映画も公開予定となっている。

 見たいアニメはあるものの、話題となる作品の数が多すぎてふだんの生活の中ではチェックしきれなかったという人も多いはず。中には今回の正月休暇を利用して溜まっていた作品を一気見するという人もいるのではないだろうか。そこで今回は、10代から40代の男女200人を対象にアンケート調査を実施。「正月休みに一気見する予定のアニメ」を教えてもらった。新旧さまざまなタイトルが寄せられたが、特に意見の集中した作品をランキング形式で紹介したい。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

■女性人気も高かったヤンキー×SFアニメ

 まず、7.0%を集めて第3位にランクインしたのは『東京リベンジャーズ』(全24話)。原作は『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中の和久井健氏の漫画『東京卍リベンジャーズ』で、2021年7月にアニメの第1期が放送され、いまだ新規のファンを増やし続けている作品だ。

 本作はヤンキー漫画ではあるが、主人公がかつての恋人の死を回避するため何度もタイムリープを繰り返すというサスペンス要素もあり、女性からの人気も高い。

 選んだ人からは「まわりで流行っているので、この機会に見てみたい」(30歳・男性)、「主題歌(Official髭男dismの『Cry Baby』)がいいから」(21歳・男性)、「イケメンばかりで話もエモくて、今一番ハマっている作品だから。もう一度頭から通しで見たい」(36歳・女性)というコメントが寄せられた。

 全24話で描かれたアニメ第一期は「血のハロウィン抗争」に一段落ついた後、現代に戻った主人公の武道に衝撃的な展開が待ち受けるという続きが気になるところで終了している。今アニメを一気見して、12月に制作が発表されたばかりの「聖夜決戦編」に備えるのもアリかもしれない。

  1. 1
  2. 2