『呪術廻戦』五条悟だけじゃない! ムーディ勝山が選ぶ「師匠キャラクター」ランキングの画像
画像はジャンプコミックス『呪術廻戦』第4巻(集英社)
全ての写真を見る

 私たちの愛するみなさん、ご機嫌いかがでしょうか? ムーディ勝山です。叶姉妹のブログの入りっぽくスタートしたことはさておき、前回コラムで書かせていただいた『呪術廻戦』。連載でもとんでもない展開が続き、面白さに拍車がかかっております。前回のコラムで発行部数が3000万部を突破した! すげー! と書いたばかりですが、今現在でもう3600万部を突破しているそうです。この勢いで売れて、そのうち映画化もするでしょう。もうこれは、1億部確定でしょう! もう人類で一番最初に言っておきます。芥見先生1億部おめでとうございます!

 さて、呪術廻戦でも屈指の人気を誇るキャラクターが「五条悟」です。五条悟とは特級呪術師の一人。特級呪霊をいともたやすく瞬殺するなど、特級術師の中でも抜きん出た強さを誇るため、五条悟がいなくなるだけで世界のパワーバランスが一変すると言われるほど。

 そして五条悟は、呪術師を育成する学校「呪術高専」の教師として主人公たちの成長を導く、師匠でもあります。超絶強くて、イケメン。しょこたんを筆頭に世の女子たちのハートをがっちりつかんで獄門彊に封印するほどのスーパーキャラです。

 おちゃらけた性格の持ち主ではありますが、主人公たちの成長を促す「師匠」キャラ的な役割でもあります。ということで、今回は漫画には欠かせない師匠キャラにスポットをあて、「主人公を一番成長させたのは誰だ! 師匠キャラベスト3」について語りたいと思います!!

■漫画史に名を刻む個性豊かな師匠たち

 まず第3位は『HUNTER×HUNTER』のビスケことビスケット=クルーガー。

 かわいらしい見た目とは裏腹に実年齢は57歳。ヒソカの裸体をヨダレを垂らしながら見たりする一面もありながら、その実力はゴンとキルアがかなわなかったビノールトという人物を一撃でたたきつぶすほど。

 何より彼女が魅力的なのが、グリーン・アイランド編での修行がすごく楽しそうなところですよね!

 僕はバトル漫画において、主人公たちが成長する修行イベントが大大大大好きなんですが、グリーン・アイランドでの修行は“取れ高”がかなり高く、めちゃくちゃ面白い! RPG感のある世界での修行で、みるみる強くなっていくゴンとキルアを見ているのが気持ち良いと感じるほどでした。

 ビスケのフルパワー時の真の姿は2mを超える巨体で筋肉ムキムキ。美男子に目がない(スケベ)という、亀仙人の系譜を引いているところも師匠キャラとして安心感を与えてくれます。

 続く第2位は『ドラゴンボール』からピッコロ。

 ドラゴンボールで師匠といえば、悟空とクリリンの他にもたくさんのZ戦士を育てた亀仙人がおりますが、後にセルを倒し地球を救うことになる悟飯を育てたピッコロもまた素晴らしい師匠でした。

 地球征服をもくろむラスボス的存在の悪者が、共通の敵を持つことでライバルである主人公の息子に稽古をつけるという「最高の設定」。この最高の設定をもとに繰り広げられる修行、そしてその先に描かれたサイヤ人との戦いは、当時の日本の全子どもたちが熱狂してました。そして魔族であるピッコロが、最後は悟飯をかばって死を迎えるという壮絶なラスト……! 当時読みながら、怒りのあまりナッパの顔の部分を爪でグリグリした記憶があります。

 この二人の素晴らしいのは「悟飯に稽古をつけることで地球を救ったピッコロ」と「ピッコロと過ごすことで人間の温かさを示し地球征服をさせなかった悟飯」という、お互いが地球を救っていた関係性にあるのではないでしょうか。(めちゃくちゃいいこと言ってないですか?)

  1. 1
  2. 2