2位は「ワールドトリガー」最新刊、1位は…!? 電子コミック売り上げランキング(6月1日-7日)の画像
画像は『ワールドトリガー』(集英社)第22巻・書影より
全ての写真を見る

 先週は、アニメ化作品でもある『ワールドトリガー』や『青の祓魔師 リマスター版』を始め、注目の新刊が数多く発売された。そんな話題の作品がズラリと並ぶ中、どのタイトルがたくさん読まれたのか、漫画・電子書籍サイト「ebookjapan」提供の6月1日から7日までの電子コミック売り上げランキングを紹介しよう。

■電子コミック売り上げランキング(6月1日~7日)

1位 「ザ・ファブル (22)」(講談社) 著:南勝久
2位 「ワールドトリガー (22)」(集英社) 著:葦原大介
3位 「外科医エリーゼ (4)」(KADOKAWA) 漫画:mini 原作:yuin
4位 「理想のヒモ生活 (9)」(KADOKAWA) 原作:渡辺恒彦(ヒーロー文庫/主婦の友インフォス) 漫画:日月ネコ キャラクター原案:文倉十
5位 「4月の東京は… 下」(大洋図書) 著:ハル
6位 「宵の嫁入り (5)」(小学館) 著:七尾美緒
7位 「青の祓魔師 リマスター版 (25)」(集英社) 著:加藤和恵
8位 「恋愛不感症ーホントはもっと感じたいー (14)」(アムコミ) 著:アキラ
9位 「私の少年 (8)」(講談社) 著:高野ひと深
10位 「地味で目立たない私は、今日で終わりにします。(1)」(KADOKAWA) 著:住吉文子 原作:大森蜜柑 キャラクター原案:れいた

 1位に輝いたのは昨年、V6岡田准一(39)主演で実写映画化もされた『ザ・ファブル』の22巻。同作は『ナニワトモアレ』(講談社)の著者としても知られる南勝久氏による作品で、17年には「第41回講談社漫画賞』の一般部門を受賞。“ファブル”と呼ばれる伝説の殺し屋が、ボスの指示により一般人として生活を送ることになる物語だ。

 そして2位の『ワールドトリガー』は、異世界からの侵略者と防衛組織「ボーダー」の戦いを描いたダークファンタジー作品。14年から16年にかけて放送されたアニメ版も好評で、昨年末にはアニメ新シーズンの製作が発表された。

 また11位以下には、『呪術廻戦』や『チェンソーマン』といった『週刊少年ジャンプ』で好評連載中の期待作もランクインしている。

データ提供「ebookjapan」
https://ebookjapan.yahoo.co.jp/

全ての写真を見る