2位は煉獄杏寿郎!『鬼滅の刃』読者が見た目で選ぶ「最もかっこいいと思う日輪刀」ランキングの画像
画像はジャンプコミックス『鬼滅の刃』第8巻(集英社)
全ての写真を見る

鬼滅の刃』は、個性的なキャラクターたちが魅力のひとつ。鬼殺隊と呼ばれる鬼狩りの組織の中で、主人公の竈門炭治郎や同期の剣士たち、柱と呼ばれる実力者たちはそれぞれ固有の「呼吸」を操って鬼たちに立ち向かうが、その際に使用する「日輪刀」は色や見た目もさまざまで、それぞれの戦い方に沿った武器になっている。

 日輪刀ははじめに握ったものの呼吸の適性によってその刀身の色を変えるという特殊な刀で、柱の刀に共通するのは、「惡鬼滅殺」の文字が刀身に刻まれていること。日輪刀は彼らの戦いへの意志を感じさせるキーアイテムで、くにゃくにゃとした蛇のような形だったり鈍器のようだったりさまざま。

 そこで今回は10代から40代の鬼滅読者の男女300人にアンケート調査を実施。作中に登場する鬼殺隊員の日輪刀の一覧画像を見てもらい「見た目が一番かっこいいと思う日輪刀」を一本ずつ選んでもらった。その結果をランキング形式で発表したい。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

■「青くて美しい」シンプルな形が義勇にピッタリ

 まず全体の10.7%の票を集めて第3位に選ばれたのは冨岡義勇の日輪刀。

 持ち主によってその刃の色が変わる日輪刀。水柱である義勇の日輪刀は、刀身が青く彼が「水の呼吸」に高い適性を有していることを示している。刀身はシンプルな形をしており、ザ・日本刀といった見た目。鍔は六角形の亀甲の形をしている。

 選んだ人からは「アニメでの水の呼吸『凪』がカッコ良かったから」(22歳・女性)、「いちばん侍を感じさせるデザインだから」(38歳・男性)、「青くて美しい。家に飾っておきたい」(19歳・男性)、「義勇さんが使っているというだけでかっこいいと感じてしまう」(34歳・女性)、「義勇さんの真っ直ぐさにピッタリな形。よく切れそう」(32歳・女性)というコメントが寄せられた。

  1. 1
  2. 2