1位は空条承太郎の“スタープラチナ”『ジョジョの奇妙な冒険』第3部「一番使ってみたいスタンド」ランキングの画像
画像は『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)第17巻・書影より
ジョジョ「使ってみたいスタンド」トップ10の結果

 荒木飛呂彦氏による人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)は1986年から『週刊少年ジャンプ』にて連載開始。第8部までシリーズが続いており、現在は『ウルトラジャンプ』で好評連載中だ。そんな『ジョジョ』の中でもとくに人気が高いシリーズと言えば、第3部「スターダストクルセイダース」だろう。

 この第3部から「スタンド(幽波紋)」と呼ばれる概念が登場し、以降のシリーズでは『ジョジョ』を象徴する定番の存在となっていった。そこで今回は、そんな第3部に登場するスタンドの中で「実際に自分が使ってみたいと思うもの」をリサーチ。10代から40代の男性300名の読者を対象に「一番使いたい第3部のスタンド」に関するアンケート調査を実施した。(アンケートサイト「ボイスノート」協力)

■銀の甲冑をまとった頼もしい騎士

 第3位(6%)にランクインしたのは、ジャン=ピエール・ポルナレフが操るスタンド「シルバーチャリオッツ」。タロットカードの「戦車」が由来になっているスタンドだ。

 シルバーチャリオッツは騎士のような銀色の鎧を身に着け、細身の刺突剣(レイピア)を手にしたスタンド。とてもスマートかつスタイリッシュなフォルムで、卓越したスピードが持ち味。また甲冑を脱ぐことで、さらなる高速移動が可能だった。

 剣による物理攻撃を得意とするスタンドなので、近接戦闘はお手のもの。いわゆる超能力や魔法的な特殊な攻撃手段は持っていない(レイピアを射出するという奥の手はあったが……)ので、比較的オーソドックスなスタンド能力と言えるだろう。

 そんなシルバーチャリオッツを使ってみたいという方からは「見た目が一番カッコいいので」(35歳・男性)、「剣さばきが美しい」(38歳・男性)、「戦い方に迫力がある」(46歳・男性)といった意見が寄せられている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3